<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 起業をお考えの方へ | main | 会社を設立するメリット >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

会社を設立するメリット

ここではAさんを例にして会社というものがどういうものか説明していきます。

サラリーマンのAさんは古着収集の趣味を生かし、脱サラして古着の販売業を起こそうと考えました。

そこでAさんは「50年代のアメリカ古着の販売・買取!!デニム、ジャケット、ミリタリー品揃え豊富」という看板を自宅のガレージに掲げ、名前を「A古着販売」と決めました。

「A古着販売」は会社の設立登記をしなくても、その活動を始めれば法的に個人企業とみなされます。

個人企業の企業主であるAさんは「A古着販売」の経営に関し、全ての決定権を持ちます。

そして利益は全て自分のものにすることができますが、損失も全て自分で負担することになります。

Aさんは仕入などにつかうため、300万円でトラックを購入しました。

この資金はAさんがサラリーマン時代に稼いだ自己資金から捻出したものです。

さらに事業が拡大するにつれ、何かとお金が必要になり銀行などからも借金をしました。

ここで仮に、Aさんの事業が失敗して借金が返せなくなったとすると、銀行などの債権者は仕入れ用のトラックを差し押さえることができるのはもちろんですが、Aさんの私的財産(たとえばAさん所有のマイホーム)も差し押さえることができます。

 

行政書士ひかりコンサルタント事務所 * 会社設立の基礎知識 * 17:35 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 17:35 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ